【地図ノート】Google Earthに経緯度線や赤道など入れて地球儀っぽくしてみました

GoogleEarthに経緯度線を入れた地球儀のようなイメージ

Google Earthはパソコンやスマホで使えるバーチャル地球儀です。
このバーチャル地球儀無料(2022年4月時点)で使えるのは嬉しいですね。

今回はパソコン(Windows)のGoogle Earth Proを使ってバーチャル地球儀緯度線(緯線)、経度線(経線)、赤道などを表現してみました。

エディタ(メモ帳や秀丸エディタ、sublimetext)でkmlを作成し、GoogleEarthに読み込みました。

赤道

一般に売られている地球儀(リアル地球儀と表現しましょう)には必ず赤道が描かれてますね。

そこでGoogleEarthにも赤道を入れてみました。

赤道の線を描くためにkml開始点(緯度0°、経度0°)から終了点(緯度0°、経度360°)のパス(ライン)を記述してみましたが、赤道が描かれません。
開始点(緯度0°、経度-180°)から終了点(緯度0°、経度180°)のパスでも赤道が描かれません。

仕方なく、東半球(東経0°から東経180°)と西半球(西経0°から西経180°(経度-180°))に分けて2本のパス(ライン)を書いて地球を一周させました。

GoogleEarthに赤道を描いた画像

kmlの内容は次のとおりです。

経度線(経線)

リアル地球儀には経度線(経線)も描かれています。

15度単位経度線を描いてみます。

まずは東経、西経の0度の経度線、つまり北極からイギリス/ロンドンを通って南極に至る線です。

GoogleEarthに経度0度線を描いた画像

kmlの内容は次のとおりです。

同様に15度ごと経度線を書きます。

GoogleEarthに経度0度線を描いた画像

緯度線

緯度線は少しやっかいでした。

kmlでは緯度線を表現する方法がないようで、同緯度の多数の点を結ぶパスを描き擬似的に表現するしかありませんでした。

まずは北緯15度緯度線です。

GoogleEarthに北緯15度線を描いた画像

kmlの内容は次のとおりです。
このkmlでは、緯度線東経(西経)1度ごとの同緯度の点を結んでいます。

同様に北緯南緯とも15度刻み緯度線を描きました。
白い線北回帰線南回帰線です。

GoogleEarthに緯度線を描いた画像

地軸

地軸も描いてみます。

GoogleEarthに地軸を描いた画像

kmlの内容は次のとおりです。

まとめ

いかがでしたか?
今回はGoogleEarth経度線緯度線を描いて地球儀のようにしてみました。
何の役に立つのか…と言われれば少々困ってしまいますが、ちょっとした遊びになればと思います。

参考に今回作成したkmlを添付します。

今回作成したkml(Globe.kml)

補足

Google Earth Proではメニューの[表示]-[グリッド]で緯度線経度線を表示させることができます。

GoogleEarthのグリッド表示
GoogleEarthのグリッド表示とkml作成の比較
当サイト作成(左)は緯度線、経度線とも15度刻み、GoogleEarthProのグリッド表示(右)は10度刻みです。

関連ページ

前回は中国の輪郭のみの白地図を作りました。 今回は省の境の入った白地図を作りました。 前回と同様に"国境問題地域排除版"と"国境問題...
以前、GoogleMapに中国の高速鉄道を重ねて表現した記事を書きました。 今回は中国の白地図に高速鉄道の路線を載せ、画像ファイルを作...

スポンサーリンク