旅行業務取扱管理者試験 旅行業法 取扱管理者

旅行業務取扱管理者試験を受けてみようと思います。

学習内容をこのノートにまとめていきます。


旅行業務取扱管理者

旅行業を行う場合は、各営業所に国家試験に合格した者を配置しなければならない。

管理監督する職務

営業所における下記業務について管理監督しなければならない。

  1. 旅行に関する計画の作成
  2. 料金の掲示
  3. 旅行業約款の掲示および備え置き
  4. 取引条件の説明
  5. 書面の交付
  6. 広告
  7. 企画旅行の円滑な実施のための措置
  8. 苦情の処理
  9. 契約内容の重要事項について、記録または保管
  10. その他観光庁長官が定める事項

選任基準

海外旅行を取り扱う場合、総合旅行業務取扱管理者試験に合格した者を配置しなければならない。

以下に該当する者は旅行業務取扱管理者として選任することはできない。
(旅行業登録の際の拒否理由と同じ)

  • 旅行業の登録取り消しから5年以内
  • 禁固刑以上の刑、旅行業法違反による罰金刑を受けてから5年以内
  • 過去5年に旅行業務に関し不正な行為をした者
  • 未成年者
  • 破産者等で復権を得ない者

取扱管理者が欠けた場合

一度選任した取扱管理者が退職その他の理由でいなくなったとき、新たに取扱管理者を置くまでは旅行業務の契約を結ぶことはできない。

取扱管理者の研修

旅行業者は、旅行業務取扱管理者として必要な知識、能力の向上に務めなければならない。

取扱管理者の証明書

旅行者から求められた場合、省令で定める証明書を提示しなければならない。
証明書の様式は省令で定められるが、発行するのは旅行業者

外務員

営業所以外の場所で旅行業務についての取引を行う者。
(勧誘員、販売員等、名称は問わない)

外務員は以下が求められる。

  • 省令で定める様式の証明書を携行しなければならない
  • 業務を行うときは、求めがあるかないかにかかわらず外務員証を提示しなければならない

外務員証の様式は省令で定められるが、発行するのは旅行業者

外務員のみなし権限

旅行業者が外務員の行為を理由に責任逃れをしないよう、外務員は旅行業者の権限をすべて与えられているとみなすこと。


参考文献

ユーキャン旅行業務取扱管理者試験研究会編(2017) 『2017年版 U-CANの国内・総合旅行業務取扱管理者 速習』ユーキャン学び出版

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク