大型二種免許取得隘路停止が難しい

奈良交通自動車教習所

今日は3回目で5時間目と6時間目の教習を受けてきました。

カーブの感覚

カーブを曲がるとき、1回目と2回目のときは内側後輪がラインを踏みそうになったりしていました。
今回はそれを意識しすぎて大回り気味になってしまいました。

「もっとスムーズに曲がってください」と何度も言われました。

隘路

今回は何度も隘路の練習をしましたが、1度も枠内に止めることができませんでした。

どこでハンドルを切ればいいのかがさっぱりわかりません。

大回りしすぎたり小回りしすぎたり。

今のところ私にとって一番の難所です。

鋭角

今回初めてV字になった鋭角路の切り替えしを習いました。

上手に教えていただいたので、3回の規定回数内で通過することができました。

S字、路端停止

S字と路端停止は感覚がつかめてきました。

検定もパスできるのではないかと感じています。

踏切、坂道発進

踏切に進入する箇所が急カーブなので、踏切手前にうまく止めるのが難しいです。

3回目を終えて

隘路が最大の課題になりそうです。

検定で落ちるとしたらここでアウトになる可能性が一番高いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク