バスの運転手を目指して<休日の練習、その2 大台ケ原>

バス運転手イラスト

先週に2tダンプのレンタカー引き続きレンタカーを借りて練習しました。

今回は2tの平ボディがなかったので、2tダンプを借りました。
ディーゼルのマニュアルミッションなので、クラッチやシフト操作の練習にはなります。

吉野山

前回同様、一部林道を抜けて吉野山に行きます。

ダブルクラッチはできるようになってきたので、今回はシフトダウン時の衝動を和らげる練習をしました。
シフトダウンのときはニュートラルにした瞬間にアクセルを踏んで回転数を高めます。
1つ低いシフトに入れ、エンジンの回転数が高い状態でクラッチをつなぎます。

頭ではわかっているのですが、やってみると回転数がうまく合わず、車がシャクってしまいます。
それでも何度か練習するうちに、なんとなく衝動が少なくなってきました。

奈良、吉野の野生の鹿林道を走っていると野生の鹿に出会いました。

吉野山のお土産屋さんで休憩です。
くず餅とコーヒーのセットを注文しました。

おいしかったです。

大台ケ原

休憩を終えてどこへ行こうかと考えました。
前回と同じコースではおもしろくありません。

ふと大台ケ原へ行ってみようと思いつきました。
大台ケ原は冬の間閉鎖されるので、まだ秋のうちに行ってみたくなりました。

吉野山から大台ケ原まで50kmほどあるようです。
国道から逸れて大台ケ原まででの道は、所々大型車1台がやっと通れるような場所があります。

カーブが多く、勾配も変化に富んでますので、シフトアップシフトダウンの練習にはいいですね。

大台ケ原の駐車場頂上の駐車場に着くと大型バスが止まっていました。
乗用車同士でも対向できないような場所があるのに、大型バスが登ってくるなんて。
さすがプロドライバーですね。
私もいつかそんなふうになれるのでしょうか。

運転の練習で来たのですぐ帰るつもりでしたが、多くの人がハイキングしているのを見て、私も少し歩いてみることにしました。

駐車場から約2kmのところに日出ヶ岳という山の頂上があります。
前半の道は曲がりくねっているものの標高差がなく歩きやすくなっていました。
後半の数百mは階段を登って行かなければならないので、運動不足の私にはかなりキツかったです。
大台ケ原、日出ヶ岳レンタカーの返却しなければいけませんので、あまりゆっくりはしていられません。
急ぎ足で行きましたが、駐車場から頂上まで約45分かかりました。

大台ケ原からの富士山が見えるかもな景色天気もよく、頂上の展望台まで行くと遠くまで見渡せました。
1年に数回空気の澄んだときは富士山まで見えるそうです。

頂上には10分ほどいただけですぐに下りてきました。

帰り道

帰りは100km以上あります。
途中で眠気が出てきたので、車を止めて休憩しました。

朝8時に車を借りて、返したのが夜7時半です。
レンタカー代金と燃料代で1万2千円ほどでした。

本日の運転距離:約230km

関連ページ

バスの運転手になって2年弱です。 今回は私のバス運転手としての給料や待遇面をまとめてみました。 給料 仕事をする上でやはり一番気になるのが...
電車やバスの運転手は、子どもたちの憧れの仕事の一つですね。 どのような仕事でも、傍から見るより大変なものです。 バスの運...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク