【中国語学習】WEBページの文章に声調記号付きピンインフォントを使う

中国語のピンインを説明するアイキャッチ画像

中国語を学習する上で必ず必要となるのが漢字の発音記号であるピンインですね。
初級から中級になってくると、ブログやWEBサイトの中国語文章作成にピンインを使いたくなることが増えてきます。

ピンインはアルファベットで表現されますが、母音にはイントネーションを表す声調記号がつきます。この声調記号付き母音はキーボードから入力することができませんので、漢字からピンインへの変換をしてくれるサイトを利用することになります。

ブログなどで中国語作文を書くときなどにピンインフォントを使用する方法を整理してみました。

WEBページだけでなく、WORDEXCELなどにも利用できます。

ブログの記事などにピンインを入れる手順

ブログなどのウェブページにピンインフォントを載せる手順は、大きく3ステップあります。

ステップ1 もとになる漢字を入力する

ピンインフォントだけで文章を作ることは少なく、ほとんどの場合漢字のふりがなとしてピンインを使用しますので、まずはもとになる漢字(文章)を入力します。
入力はIMEを使って入力してもいいですし、他のサイトにある漢字をコピーしてもいいでしょう。

ステップ2 漢字からピンインフォントに変換する

たとえば「我爱你」にピンインをふりがなとして付け「ài」としたい場合、「wǒ ài nǐ」というピンインフォントを得る必要があります。
このピンインフォントを得るのに便利なのが次の各サイトです。

ステップ3 得たピンインフォントを利用する

ステップ2の各サイトで得られたピンインフォントを自分のサイトページに貼り付けます。
コピー&ペーストだけで使用できる場合と、ある程度整形しなければいけない場合があります。

便利サイトでのピンインフォント変換手順

上で紹介したGoogle翻訳どんと来い中国語JCinfo.netのサイトでピンインフォントを得る手順を紹介します。

それぞれに特徴がありますが、ブログやWEBサイトで利用するのであれば一番のオススメはJCinfo.netです。「ruby」タグも合わせて生成されますので、利用しやすいです。

多音字のピンイン変換精度には多少の差があるようですので、注意が必要です。

Google翻訳

Google翻訳のサイトにアクセスし、左側のフィールド(翻訳元)に中国語の漢字を入力します。すると入力したすぐ下にピンインフォントが表示されます。

Google翻訳でピンイン表示をさせたときのスクリーンショット

表示されたピンインフォントをコピーして、自分のサイトページに貼り付けます。
この場合、ピンインフォントがテキストとして貼り付けられますので、ルビ(ふりがな)として利用するにはHTMLに工夫が必要です。

どんと来い中国語

どんと来い中国語のサイトにアクセスし、上のエリアに元となる漢字を入力します。
「ピンイン形式(rì běn) 」を選択した状態で、右側の「テキスト表示 」にチェックを入れておきます。
「ピンイン変換(pinyin convert)」ボタンを押すと、下のエリアにピンインと漢字のセットが表示されます。

どんと来い中国語のサイトでピンインを表示させたときのスクリーンショット

表示されたピンインフォントをコピーして、自分のサイトページに貼り付けます。
Google翻訳同様、ピンインフォントがテキストとし貼り付けられますので、ルビ(ふりがな)として利用するにはHTMLに工夫が必要です。

JCinfo.net

JCinfo.netのサイトにアクセスし、上のエリアに元となる漢字を入力します。
「ピンイン変換」ボタンを押すと、下のエリアにピンインと漢字が表示されます。

JCinfo.netで中国語のピンイン変換を行ったときのスクリーンショット

結果は「表示1」と「表示2(ruby)」の2種類が表示されます。
表示1の方をコピーして利用すると、自分のサイトページには「ài」と表示されますので、少々不便です。

表示2(ruby)の方をコピーして利用すると、自分のサイトページには、「ài」のように表示されます。
HTMLのrubyタグも一緒にコピーされるので、HTMLを編集する必要がありません。

漢字とルビをセットにするのではなくピンインだけがほしい場合は、コピー&ペーストのときにピンインの間に入ってしまう漢字を削除する必要があります。



Booking.com

変換結果が意図したものと違うとき

多音字や軽声など、声調記号が思うように変換できない場合は、手入力で正しいピンインフォントに修正する必要があります。

漢字からの変換ではなくピンインフォントだけを取得する場合は、どんと来い中国語のピンインフォント入力が便利です。

どんと来い中国語のサイトでピンイン入力をするときのスクリーンショット
画面の表示された声調記号付き母音をクリックすれば、そのフォントを得ることができます。

【参考】各サイトのピンイン変換例

2019年1月15日に確認した変換は次のとおりです。

 Google翻訳どんと来い中国語JCinfo.net
你好Nǐ hǎonǐ hǎo/hàonǐ hǎo
爱好àihàoài hǎo/hàoài hào
看你kàn nǐkàn/kān nǐkàn nǐ
看家kān jiākàn/kān jiākān jiā
要求yāoqiúyāo/yào qiúyāo qiú
重要zhòngyàochóng/zhòng yāo/yàozhòng yào
重庆chóngqìngchóng/zhòng qìngchóng qìng
亲爱qīn'àiqīn àiqīn ài
亲家qìngjiāqīn jiāqìng jia
长江chángjiāngcháng/zhǎng jiāngcháng jiāng
长大zhǎng dàcháng/zhǎng dàzhǎng dà
几乎jīhūjǐ hūjī hū
你们nǐmennǐ mén/mennǐ men
血液xiěyèxiě/xuè yèxiě yè
出血chūxiěchū xiě/xuèchū xiě
血债xuèzhàixiě/xuè zhàixiě zhài
血小板xuèxiǎobǎnxiě/xuè xiǎo bǎnxiě xiǎo bǎn
差 点 儿chàdiǎn erchā/chà/chāi/cī diǎn érchà diǎn ér

Google翻訳は、1文字目が大文字になります。そのほうが便利な場合もありますが、文章ではなく単語だけのピンインがほしい場合は少し不便です。
ピンインの変換精度が比較的高いです。表の例では、「亲家」の「家」が軽声になってほしいところですが、第一声になっています。
文字と文字の間に空白が入る場合と入らない場合があります。おそらく「単語」と判断した場合は間に空白が入らないようです。

どんと来い中国語は、多音字のピンインはすべてが候補として表示されます。
不要なピンインは削除する必要があります。

JCinfo.netは、rubyタグがついてくるので、Wordpressなどで使用する場合は便利です。
またピンインの変換精度も高いです。
上記表では、「」のピンインが無条件に「xiě」と変換されています。「xuè」と表記したいときは修正が必要です。

差点儿」は3サイトとも最後が「er」となっています。本来は「r」だけだと思いますので、「e」を削除する必要があります。

その他のおすすめページ

中国の首都、北京。 北京は、周王朝時代の紀元前1000年頃人類の定住が始まったと言われています。 以来紀元前600年代頃には都として...

スポンサーリンク